2005年04月23日

DVD予約開始 & テレビ放映決定

井上先生の公式サイトでDVDの予約販売が始まりましたよ!
5/19発売,1枚3900円です。
おまけは、黒板漫画のネーム(コマ割りの下書きのようなもの)を再現したものだそうです。

また、「いのうえにうす」にて、ファイナルイベントがテレビ放映が決まったとのことです。
5/9の深夜だそうです。(残念ながら今のところ関東のみのようです)

あのイベントがテレビでまで流されちゃうのか〜!
とりあえず妹に録画してもらわないと。

ところで姉の部屋の写真まだ先月に変えた楓駅冬モードになってますね…、
早いとこ変えないと(*_*)
posted by 薫 at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | スラムダンクの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月20日

宮益義範

宮益は、牛乳を飲むとお腹をこわす体質で、家では「おなかにやさしいアカディ」を愛飲しているような気がする。
posted by 薫 at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | SDキャラ小ねた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月06日

ガラスの仮面42巻

これは(「漫画放談@BLOCKBLOG」へのトラックバックのための記事です)
 
漫画放談@BLOCKBLOG」にガラスの仮面についての記事を投稿しようと
3月20日頃ガラスの仮面を押入れから引っぱり出して以来、
そのまましばらく2週間ほどはまってしまっていました。
(おかげで、スラムダンクについてももう1本くらい書きたいと思っていたんですが
書けずじまい…)

で、私の部屋のかなりたくさんの漫画の中でも、ガラスの仮面は今私の寝室の
一番特等席(←すぐに手が届く場所という意味)に置かれています。
スラムダンクはパソコンの脇にコミックス、寝室の棚に完全版が置いてあります。
SDにはまってからはSDにエネルギーを注ぎ込んできたので
新しいマンガはほとんど買っていませんね(~o~)

というわけで私の部屋にあるのは以前から連載してる漫画が多いんですが、
「ガラスの仮面」も去年の年末にようやく(6年ぶりに!)新刊が出ましたね。

ガラスの仮面は、「花とゆめ」に連載されていたコミックスには未収録の原稿が、
40巻以降でまだ2000ページも残っているそうです。
(コミックスなら10冊分にはなりますね…(~o~))
しかし作者の美内すずえさんは、コミックス収録にあたり、
連載時の原稿を全部描き直してから収録しているそうなんです。
(「そこまでしなくても、早くコミックスを出してほしい」と願っているファンが
多数だと思いますが…、ただ私自身も完璧主義なので、HPなら書き直しができるのに
紙媒体だと印刷されてしまったらやり直しがきかないので
ものすごく慎重になってしまう、という気持ちは個人的にはわかります…)

連載時のその後のストーリーでは、
「亜弓さんが稽古中の事故で・・・」とか、
「速水さんが暴漢に襲われ、看病したマヤが●△」とか、
「二人の思いを察知した紫織さんが■×」とか……、
ということなので、42巻はどこまで展開しているのかしら…、とドキドキしながら
お正月に(下の妹が買った本を^^;)読んだのですが、
…全然進んでません。(T_T) 

恋に悩み演技ができないマヤを、桜小路くんがひたすら慰めつつ一緒に遊園地やミュー
ジカルの観劇に行く、という内容でした。亜弓さんも怪我をするような様子ではないし…。
このまま亜弓さんが失明、という展開は変更されたのでしょうか?

(ガラスの仮面連載時の続きのストーリーを詳しく知りたい方は、「ガラカメモリー」さんや「JULYDORM」さんなどに詳しく紹介されています)

確かに、亜弓さんが稽古中の事故から目が視えなくなる、というのは、あれだけ努力家の亜弓さんに、
さらに女優生命を奪いかねないような困難をぶつけるというのはいたたまれない、という
気持ちになる人も多いだろうなと思います。
私も知ったときはそれは気の毒だと思ったしショックでした…^^

でも、亜弓さんが目が見えなくなることで、目には見えないものを感じられるようになって、
「紅天女」を演じるために『人間の目には見えないもの(「樹は気」であったり
「螺旋の力」であったり…)を司る女神』をつかむ、というのは
この展開ならばアリではないかと思うんですよね。亜弓さんなら、それだけの困難も
乗り越えるでしょうし。
ただ、マヤ同様、これまで演劇がすべてである亜弓さんが、女優生命を絶たれるような
ことにはならないといいなと思うのですが…。

実際、連載中にも(亜弓さんの怪我の前に)マヤと桜小路くんのデートの場面は
一応あったようなので、今後亜弓さんが失明という展開が出てくるのかもしれません。
42号は「嵐の前の静けさ」というような巻でしたね。「今後」は何年後…?(ToT)

さて今回ガラスの仮面にすっかりはまってしまったので、二次創作サイトさん巡りにも
手を出してしまいました。
(「ガラスの仮面 創作」と入れて検索をかけるとたくさんのサイトがヒットします)

小説などは主に速水さんとマヤの恋愛について描かれたものが多くて、女性が運営して
いるサイトがほとんどですが、皆さんほんとに文が上手くて達者でいらっしゃいます。
中にはガラスの仮面の主要な登場人物のその後を織り込んだ大作もあって、
読んで「こういう結末なら、もう原作が完結しなくてもいいかも」と
半分本気で思ったほどです(笑)

もし皆さんもガラかめサイトさん巡りを始めたら、私同様数週間は戻ってこられないこと
必至ですよ(^^;

ガラスの仮面については全然語り足りないんですが(「紅天女」についても…)
SDお気楽サイトなここでこれ以上語るのもなんなのでひとまずこのへんで。続きを読む
posted by 薫 at 18:32| Comment(0) | TrackBack(1) | 日々の雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月14日

スラムダンクとの出会い

(この文は、『漫画放談@BLOCKBLOG』という企画へのトラックバック参加の文章です)
 
妹(ヤブサカ)が、「お姉ちゃんこれ面白いよ!」と私の前にスラムダンクを持ってきたのが
5年前。それまでマンガをほとんど買わなかった妹が、全巻買い揃えていそいそと
持ってきたということはおそらく相当面白いんだろうなあ…、はまるかもな…、と
瞬間的に察知した私は、そのマンガをおそるおそる、期待半分・怖さ半分で読み始め、
そして1冊読み終わるごとに瞬間移動のように妹の部屋へ行って次の巻を借りてきて読みふけりました。

そして31巻を「ああ、あとこの1冊で終わりなんだ…」と名残惜しく手に取り、そして
花道と流川のハイタッチのページを見た瞬間には、頭の中に大きな鐘のような音
「がーん がーん がーん……」と鳴り響いたんですよ。
漫画みたいですけどホントです(^^;
そしてそのまま数日間は、ボーッとして歩き方もフラフラしていたと思います(笑)

もともと漫画が好きで、それまでにもいろんな漫画を読んでいたのですが
「こんなすごい漫画が世の中にあったんだ!!」と思いましたよ。
ほんとに衝撃でした。

そして妹と2人、どっぷりとSDワールドにはまりこんだわけです。
その翌月にはもうさっそく聖地巡礼ツアーに出かけ、
その翌年にサイトを開設して今に至ります。
それ以後、節分の豆まきにフェイクが入るようになりました。
posted by 薫 at 03:07| Comment(2) | TrackBack(0) | スラムダンクの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月13日

Blogでスラムダンクを語る企画

私が今使っているこのブログのレンタル元の「BLOCKBLOG」にて、公認企画
漫画放談@BLOCKBLOG」が開催されることになりました。
これは、ブログユーザーが、テーマとなる漫画について自由に語ろう!というものです。
私の印象を喩えて言うと、NHKの「BSマンガ夜話」を一般人がネット上でやろう、というような感じでしょうか。(まあそこまで大げさではないかもしれませんが…。)

そして、第1回のテーマは「スラムダンク」と「ガラスの仮面」に決まったそうなんです!

というわけで、この企画はSDファンから見ると「SDについていろんな人の感想が読める企画」になるんです。

BLOCKBLOGを使っていて普段スラムダンクを話題にしているブログというと
たぶんここも含めて数えるくらいしかないのではないかと思うので、
私もなんとかぜひ参加したいと思っています。
そういえば姉の部屋のページのほうでも、私がどうしてスラムダンクが好きになったか
についてはあまり書いたことがないですね。
(なぜルカワが好きかについては熱く語っていますが…(笑))

今のところどのくらいの人数の参加があるかわかりませんし、
私もたくさんの方のスラムダンク語りを見てみたいなあと思いますので、
これをお読みの方も、ぜひ参加してみてください。
もちろん普段スラムダンクについて何も書いたことのない人でも参加できます。
またBLOCKBLOG以外のブログを使っている方でも、トラックバックで参加できます!

企画公式ブログはこちら、参加のための詳細についてはこちら、主催者は紺屋さんです。

第1弾は、3月14日から2週間です。
(2週間後に第2弾が始まりますがそれ以降も参加可)

ブログ持ってないので作って参加しようという方はBLOCKBLOGのHPからどうぞ。

もう1つのテーマの「ガラスの仮面」も、17巻からは全部私の部屋にあって、
(16巻までの、マヤが乙部のりえの策略に遭うシーンは悲しくて読めませんTT)
ガラスの仮面についてももともと一家言あるんですよ(笑)
とりあえず第1回の期間には間に合わないかもしれませんが、参加できればなあと思ってます。

さてもう明日からなので、今からがんばってスラムダンク語りを書いてみようと思います。
posted by 薫 at 19:06| Comment(2) | TrackBack(1) | スラムダンクの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。