2003年08月17日

最近地震が多いですが、万一に備えて

こんにちは。皆様お盆はいかがお過しでしたでしょうか(^^)
私は今日はまた18きっぷで名古屋へ帰る途中にネットカフェから書いております。

さて、今日は地震の話です。
5月末と7月末に東北で大きい地震がありましたね。
東海地震もいつ来るかと言われています。
7月に、姉妹で鎌倉高校の文化祭を見に行って、
その帰り湘南海岸で仙道が釣りをしていた場所などを探していたんですが、
その時私はちらっと、
「ここ(湘南海岸)ってもし地震がきたらかなり危ないところではあるなあ」と思っていました。
何が危ないかというと「津波」です。

震源地が近い場合津波は早ければ3分くらいで来てしまうことがあるんですが、
江の島〜腰越付近の海岸だと、地形的にも、駅の方までずーっと真っ平らで、
高台のような場所がないんですよ。

海を見ながら、「うーんもし今ここで地震が来ちゃったら、
スラムダンクにはまったあげく津波にさらわれたんじゃ親は泣くよなあ…。
とりあえずカメラ放り投げて逃げなきゃいけないかなあ…」
などともちらりと考えていました(^^;)
まあそんなことは数十年に一度のことなんですが、
関東大震災の時は、腰越漁港にも6〜7mの津波が来たそうで、
歴史的にはもっと大きい津波もあったようです。
東海地震が起きた場合にも湘南にも3m程度の津波が来る予想になっているそうです。

私の出身の岩手県は昔から津波が多いところだったので、
祖父や父などから「とにかく津波は一刻を争う」ということを聞いてきたんですよ。

というわけで、万一うちのサイトの巡礼ツアーを見て湘南に行って事故に遭ってしまう人がいては困るので、海岸にいて揺れを感じたらすぐに避難してくださいね。

しかしお読みの方に下手に不安をあおるつもりはありませんので、
「万が一、海岸近くで地震がきた時の心得」ということで、心の奥に留めておいていただくだけで十分です。

◆万一の際のポイント◆

・避難は徒歩で。(車のほうが速いようにみえても、渋滞になることが多いです)
別の場所に置いた荷物などはいったん諦めましょう。

・もし近くに高い場所がなければ、3階建て以上のなるべく高い建物やマンションなどの
上に避難しましょう。(階段で)

・鎌倉高校前駅周辺であれば、駅からすぐ坂になっていますから、
坂を駆け上がって鎌倉高校の敷地内が一番安全だと思います。
(鎌倉高校は広域避難場所にもなってます)

・江の島の中にいる場合は、そのまま江の島の高い方へ登りましょう。江の島の上の方なら大丈夫だと思います(たぶん)。

・津波は1度だけではなく、第2波、第3波のほうが大きいことも多いので、
いったん波が引いても海の方へは戻らないようにしましょう。

 
 
まあ日常では怖がることはないと思いますので
モデル地巡りを楽しんでいただきたいと思っております〜(^^)/
posted by 薫 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事&固い話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年08月07日

睡眠時無呼吸の病院に行ってきました

(BLOG移植につき前略)
私は2年前くらいから「もしかして私は睡眠時無呼吸かなあ」と思っていたんですよ。
寝付いてちょうど1時間くらいで、なんか息が苦しくて目が覚めるというようなことが
数日に1回くらいありまして。
で最近暑いのも手伝って目が覚める回数が多いんです。

睡眠時無呼吸の人は寿命が縮まるそうで、心筋梗塞や脳卒中などになりやすく
睡眠時無呼吸の症状があって治療していない人は、
8年以内に死ぬ確率が37%にもなるそうで。
それは困るんで今日病院を受診してきました。

とりあえず今日は、ドクターの診察を受けて
胸とあごのレントゲンを取ったり心電図検査をしたり肺活量を量ったりしてきました。

とりあえずそれを見る限りは特に問題なしとのことでしたが、
「寝て1時間くらいで目が覚めるというのは、
一番眠りが深いときだけ筋肉が弛緩して舌が落ち込んで、気道がふさがるのかも」と言われて、かなり納得して帰ってきました。

で一晩入院して受ける検査をすることになったのですが、
今、睡眠時無呼吸症というのは話題になっているので
検査を受けに来る人がずいぶん多いらしく、一晩に数人しか検査ができないので
私が行ったクリニックでは「一番早くて11月末です」と言われました(^o^;
暑いうちに、病院の涼しいベッドでぐっすり寝たかったんですが残念。

ところで初め予約の電話を入れたときに、「明日ではいかがですか?」と言われたんですが、明日の夜では、おそらく病院に着く頃にはずぶ濡れか
もしくは自転車ごと飛ばされてしまってもなんですので、
今日行って来ておいてよかったと思います。

ここ10年で日本に接近した台風の中でも最大級らしいので、
進路に近い地域の方は十分にお気をつけください〜。
posted by 薫 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事&固い話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年03月03日

藤沢市の合併・その2

本日でダブルドリブルも2周年を迎えることができました。
これもひとえに、これまで暖かく接してくださった皆様のおかげと思っております。<(_ _)>

まる2年経ったといっても、いつも目の前の更新に追われていたような感じで(笑)
ほんとうにあっと言う間でしたが、
でも改めて考えてみると2年というのは長かったような気もします。
今後も(更新は滞ることがあるかもしれませんが)ぼちぼちやっていく予定ですので、
今後ともよろしくお願いいたします。<(_ _)>

さて、昨日の日記を書いてみてどうもやはりまだ言い足りないことがあるような
気がしたので、また「藤沢市」と「湘南市」の話題です。
昨日の文をまだお読みでない方はまずはそちらからどうぞ…。
でも私のこの「藤沢」への肩入れ、というのは、
モデル地を求めて足繁く藤沢に通っているうちにできあがったイメージによるものですので、多くのSDファンの皆様の持っているものとは違うんだろうな、とも思いますし、興味のない方にはほんとになんということもない個人的な話題のような気もしますので(^^;)
そういった方は読みとばしていただければと思います。

さて、昨日の文を書いてみて、「江の島が鎌倉か茅ヶ崎にあると思われがち」
というのも、全く根拠がないことではないような気がしたんですよ。
さらに言うと、「藤沢市江の島」という地名には、微妙な違和感を感じなくもないのです。
それは、「藤沢」という文字の持つイメージに理由があるのではないかと思うのです。

そこでgooの国語辞典で「藤」「沢」を調べてみました。

【藤】
「マメ科のつる性落葉木本。山野に自生し、また観賞用に植える。」
【沢】
「山あいの谷川。源流に近い流れ。」

とあって、つまり「藤」も「沢」も、漢字の意味としては海ではなくて山のものなんです。
おそらく私自身も、「藤沢」という名前だけからなら
「海がある土地」というイメージは持たないだろうと思うのです。

これが「茅ヶ崎」という名前ならば、「崎」という漢字は
【崎・埼】
(1)陸地が海や湖に突き出た所。みさき。
(2)山の端が平野に突き出た所。はな。
ということで、海のある場所というイメージをすぐに持てます。
そして鎌倉はもともと観光地として有名ですし、
そういったことで、江の島が鎌倉か茅ヶ崎にあると思われがち、ということに
なっているのでは、と思います。

ではどうして私が、
「スラムダンクの舞台は『湘南市』ではなくて『藤沢市』のほうがいい」
と感じるのか?ということを考えてみると、

私は一番に流川ファンなわけですが、

私にとって、
「流川が海のすぐ近くに住んでいるというイメージはない」

ということが大きいような気がします。

実際、藤沢市の北側のほうは、高台になっていて住宅街や工場地などに
なっているようで、私のイメージの中では流川は駅よりもやや北側に住んでいます。
湘南高校も駅より北にありますし…(高台のほうまではいかないんですが)。

もちろん最終話では流川がランニングして海までやってくるのですから
流川の家は海からものすごく遠いというわけではないのですが、
たぶん、家から鵠沼海岸まで出てまた家に帰るまでには
全部でおよそ10km強の道のりがあるのでは、と勝手に想像しています。

花道は江ノ電で通学しているので、藤沢駅より南側(海側)ということになりますが、
それでもものすごく海のそばというわけではないだろう、というイメージがあります。
(あのあたりの海のそばというのは高級住宅地なので、花道のアパートは
 そこまではいかないところにあるだろうと)

というようなことをいろいろと考えると、私の希望は
「花道や流川などが住んでいるところは藤沢であってほしいが、
 ごくごく海のそばの場所の地名は『湘南市』でもよい」
ということになるんでしょうか?(笑) ものすごい勝手な論理だな…(笑)

また、「湘南市」という名前には、ものすごくおしゃれなイメージがあるんですよね、
サーファーの街というか。
それと比較して、「藤沢市」という名前の私の直感的なイメージは、
こういっては藤沢の人にかなり失礼かもしれませんが
「ヤンキーも多い大きめの地方都市、orベッドタウン」 というイメージで、
(イヤ、私藤沢すごく好きなんですよ! すごくいいところです。
それと実際に今の時代にヤンキーがそう多いだろうとは思わないんですが…)
そんな感じもあって妙に、「スラムダンクらしさ」や「花道や流川が歩いていそうな雰囲気」を「藤沢」に感じるんですよね…(~o~)

というわけで、湘北メンバーについては今後も藤沢市民であってほしい、というのが
私の希望なんですが、
(陵南については高校の所在地は鎌倉市なんでしょうから、
 陵南メンバーについては藤沢か湘南かという二者択一はしませんが)
ああ…、でもなんか「牧さん」だけは、
藤沢市民というよりは湘南市民でいいような気がしますね(笑)
ならば牧さんは海の真ん前に住んでいただくことにしましょうか、
それとも住所が海のい(・。゚)☆\(^^;)
 

……しかしこれは、2周年ということも全くお構いなしの日記ですね(^^;)
失礼いたしました<(_ _)>
posted by 薫 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事&固い話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年03月02日

藤沢市の合併

みなさまこんにちは^^
今週は東京行きの疲れもあって、
もう家に帰ると爆睡という一週間を送っておりました。
前回の日記もオチもない日記を書いてしまってちょっと落ち込んでいたんですが、
たぶん今日の日記もオチはありません(^^;)

さて最近はすっかり頭の中がネタモードではなくモデル地モードになっているわけなんですが、いま、一つ気がかりなことがありまして。

実際は去年から動いていることだそうでご存じの方も多いかもしれませんが、
「藤沢市」:スラムダンクのモデル地、江ノ電藤沢駅や鵠沼海岸などがあって、
おそらく湘北高校もあって花道や流川も住んでいるのであろう「藤沢市」が、
現在、6市町村が合併して政令指定都市「湘南市」になる、という
構想が進んでいるということなんですよ。

とくに藤沢市の市長さんはかなり強くこれを推進しているそうです。

東海道線で藤沢駅を通るたびに、
電車を降りない時も魂だけ抜けて行ってるんじゃないかという気がする私にとって(^^;)
「藤沢」という市がなくなってしまう、というのはものすごく寂しいのです…。

合併することで、湘南海岸の保全が国ではなくて市で行える、などのメリットがあるようですが、藤沢では市民の意見としては過半数が反対のようです。

現在のところは、茅ヶ崎市が参加するかどうかにかかっているそうで、
まだ合併が決まったわけではないということなんですが。

ほとんど藤沢市の実生活に関係のない私がどうこう言えることではないのですが、
やっぱり花道や流川、湘北メンバーが住んでいるのは、
私の中では(湘南市ではなくて)藤沢市なんですよお!!(主張)

そういえば、江の島は鎌倉市か茅ヶ崎市にあると思っている人が多いと聞きますが、
江の島があるのも藤沢市です。
江の島は「藤沢市江の島一丁目」と「藤沢市江の島二丁目」です(^^)
posted by 薫 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事&固い話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。